住宅ローン金利比較-住宅-住宅ローン等の金利比較・住宅ローンの借り換え・住宅金利比較-住宅-住宅ローンの借り方・借り換え:住宅金利比較-住宅-住宅ローン・銀行金融機関-住宅金利比較-住宅-住宅ローン銀行金利や教育・マイカー・カード・ブライダル等の金利比較・銀行金利比較:住宅金利比較-住宅・教育・マイカー・カード・ブライダルローン等の銀行金利比較、住宅・教育・マイカー・カード・ブライダル等の銀行ローンの金利比較・住宅金利比較-住宅-住宅ローンの金利比較による上手な借り方・借り換え、銀行-住宅-住宅ローンの金利比較-住宅・借り方・借り換え-住宅:銀行ローン金利比較-住宅・上手な借り方・借り換え-住宅:銀行ローン-住宅の金利比較による上手な借り方・借り換え:住宅ローンの金利比較による借り方・借り換え・教育ローンの金利比較による借り方・借り換え・マイカーローンの借り方・借り換え・カードローンの借り方・借り換え・ブライダルローン等各種ローン銀行金利-住宅:住宅金利比較-住宅-住宅ローンの借り方・借り換え、銀行金利、教育ローンの借り方・借り換え、銀行金利、マイカーローンの借り方銀行金利、カードローンの借り方銀行金利、ブライダルローンの借り方銀行金利等、上手なローンの借り方-住宅、銀行金利について:住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・カードローン・ブライダルローン等の上手な借り方:各種ローンの上手な借り方教えます。:金融機関のローンの借り方:住宅-住宅ローン・教育・マイカー・カード・ブライダル等各種ローン:住宅金利比較-住宅ローンの金利比較による借り方、教育ローンの借り方、マイカーローンの金利比較による借り方、カードローンの金利比較による借り方、ブライダルローンの金利比較による借り方等、住宅等の各種金融機関ローンの上手な借り方教えます。:住宅金利比較-銀行ローン金利比較-住宅ローンの金利比較・銀行金利比較:住宅・教育・マイカー・カード・ブライダルローン等の銀行金利比較、住宅ローンの上手な借換えに銀行金融機関-住宅関連商品の金利比較、銀行住宅関連商品金利比較-住宅ローン:住宅-住宅ローン金利比較借り方・銀行住宅-住宅ローン借り方、住宅金利比較、住宅-住宅ローンのお得な借り方、住宅-住宅ローンのお得な住宅金利比較-住宅・借り方・借り換え-住宅ローンの借り換え
住宅ローン金利比較-住宅-住宅ローン銀行金利比較・借り方-住宅:銀行-住宅金利比較-住宅ローンの金利比較・借り方-住宅:住宅-住宅ローンの金利比較・借り方-住宅・教育ローンの金利比較・借り方-住宅・マイカーローンの金利比較・借り方・カードローンの金利比較-住宅・借り方・ブライダルローンの金利比較・借り方:住宅-住宅ローンの借り方、教育ローンの借り方、マイカーローンの借り方、カードローンの借り方、ブライダルローンの借り方等、上手なローンの借り方について:住宅-住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・カードローン・ブライダルローン等、ローンの上手な借り方をお教えします。:住宅等の銀行ローンの借り方:住宅・教育・マイカー・カード・ブライダルローン等各種ローンの金利比較・借り方:住宅ローンの借り方、教育ローンの借り方、マイカーローンの借り方、カードローンの借り方、ブライダルローンの借り方等、各種ローンの上手な借り方教えます。:銀行金利比較:住宅等の銀行ローンの金利比較・借り方・銀行ローン金利比較・借り方:住宅・教育・マイカー・カード・ブライダルローン等の金利を比較して上手に借りましょう。住宅等の各種ローンの上手な借り方金利比較:住宅金利比較・教育金利比較・マイカー金利比較・カード金利比較・ブライダル金利比較:住宅-住宅ローンの借り方金利比較、教育ローンの借り方金利比較、マイカーローンの借り方金利比較、カードローンの借り方金利比較、ブライダルローンの借り方金利比較:金利比較-住宅-金利比較・銀行-金利比較:住宅-住宅ローン・教育・マイカー・カード・ブライダル等の銀行金利比較-住宅金利比較-住宅ローン金利比較・住宅-住宅ローン-上手な借り方-住宅

住宅ローン・教育ローン・マイカーローン・カードローン・ブライダルローン等の上手な借り方


住宅ローン等の上手な借り方

*
*

【実践的ノウハウを公開】

実践的かつ上手な
 ・住宅ローンの借り方
 ・教育ローンの借り方
 ・マイカーローンの借り方
 ・カードローンの借り方
 ・ブライダルローンの借り方
等のローンの借り方について
銀行商品コム代表の奴田原 惇郎から、その実践ノウハウを公開させて頂きます。

【私が銀行での借り方が上手になった理由】

私は、奴田原税理士事務所を開業する前には、某社の経理を担当していました。
その頃の某社は資金不足に陥っており、私は、日々資金繰りに奔走する毎日でした。銀行へ毎日通っていました。
それまで銀行へお金を借りに行ったことは全くありませんでしたが、融資を受けないと会社が倒産します。どうすれば低金利で融資を受けられるか等々、色々と工夫をしました。
夜も寝られない日々が続きます。明日は、何千万資金が不足します。「銀行にどのように話をしようか?」悩みに悩む日々の連続でした。

しかしながら、何事もデメリットがあれば、メリットもあります。資金繰りに苦労して必死で勉強した結果、銀行でのお金の借り方が上手になりました。
そのお陰で、私は、自己資金も全くなくて、貯金も全くなくて、収入も僅かしかないのに、若くして家を建てることが出来ました。当然にオール借金です。
当時は自己資金がなかったら、住宅ローンの借入はできない時代でしたが、私は借りることが出来たのです。ある意味で、このときの貸付担当の方には感謝しています。良い方でした。
今、私はその家に家族と共に住んでいます。もしも私が銀行での借り方が上手になってなかったら、今の家は無かったかも知れません。

当時、「銀行での上手なお金の借り方」という本を探しましたが、まったくそのような本はありません。今でもそのような本は無いかも知れません。
その理由は、銀行の悪口ではないけれども、それに近いことを書かないといけないので、勇気がある人がいないのかも知れません。
そうだとしたら、この『住宅ローン等の上手な借り方』は、皆様方にとって大変為になることだということです。


【実践するべき5つのこと】

私が夜も寝られないで苦労して取得した「上手なお金の借り方」のノウハウをここで皆様方に公開させて頂きます。
それは、次のたった 5 つのことを実践すれば良いのです。
尚、住宅ローンの借換え、教育ローン、マイカーローン、カードローン、及びブライダルローン等々の「上手なローンの借り方」は、基本的に同じであることを申し添えます。


1)自信を持って銀行へ行くこと
当たり前のことですが、銀行は、お金を貸して、それを戻して貰うことを考えています。
そこでプラス思考の前向きな姿勢で銀行員に接することが大切です。

ある会社のY経理係が大変謙遜される方で、銀行へ行って「当社の将来は、全く駄目です」と心にもないことを謙遜して言いました。
ところが、銀行はそのY経理係が謙遜をする人だということを知っているのに、その貸付担当は、その会社のことが不安になり、貸付を渋りだしたのです。このY経理係は謙遜する性格とはいえ、全く間違っていますし、また、銀行との交渉役には全く向いていないのです。

銀行へは景気の良い話をして、税務署には景気の悪い話をするべきなのです。つまり、相手に応じて話を全く逆にする必要があるのです。要は、銀行へは絶対に自信を持って借りに行くことが重要なのです。

他方、私は、A銀行に次のように話しました。「B銀行が借りてくれ、借りてくれって言っていますが、A銀行さんが貸してくれるなら、私はA銀行さんで借りたいのですが・・・。」と強気で言いました。
その結果、A銀行で低金利で融資を受けることができました。


2)良い貸付担当者を探すこと
銀行の貸し付け担当者も人間です。色々な方がいます。人の良い方、意地の悪い方、能力のある方、能力のない方、気張る方、貸したい方、貸すのが嫌な方(こんな方は貸付にはいないと思いますが、実際は存在するのが事実です。このような方は融資を断るときには貸し付けには向いているのです)、等々です。

そこで悪い方にあったら、目が当てられません。本当は借りられるのに、借りられなくなります。初めて銀行へ行って、その貸付担当がどんな方かは分からないでしょう? それではどうすればよいのでしょうか?

私は、貸付担当の方と話をして、借りるのが難しいと思ったり、貸付条件が厳しそうだと思ったら、その貸付担当の上司に話をして、担当者を変えて貰います。

そうすれば大抵の場合、私共顧客に対して有利な貸付条件を出してきます。これでも良い条件を出してこなかったら、他の銀行へ行くことです。つまり銀行を変えることです。
銀行はお金を貸すのが商売です。貸さないと儲けません。貸さないと自分たちの給料も出ません。従って、本当は貸したいのです。ただし、返済能力のある方には…と言うことを十分に理解してください。


3)良い銀行で借りること
銀行も人間が経営・運営しています。
従って、一言で銀行と言っても色々な銀行があります。感じの良い銀行、融資に積極的な銀行、生意気な銀行、貸してやっているという高姿勢の銀行、気張る銀行、貸すのが嫌な銀行(常識ではこんな銀行はないと思われますが実際に存在しています)、やさしい銀行、親切な銀行、等々です。
もし悪い銀行に行ったら、本当は借りられるのに、借りられなくなります。

初めて銀行へ行って、その銀行がどんな銀行か分からないこともあるでしょう?それではどうすればよいのでしょうか?(本当は前もって、どのような銀行かを調べて行くことも大切なのですが…)

私は、貸付担当と話をして借りるのが難しいと思ったら、前述したように、まず担当者を変えて貰って、それでも無理なら銀行を変えます。
ちなみに、お笑い芸人千鳥のノブさんは、住宅ローンを借りるために、なんと 15 件の銀行を回ってようやく借りられたそうです。(芸人はサラリーマンと違って、収入が不安定だから借りにくいのです。銀行も、返済を考えたら貸しにくいのは分かります)
ノブさんは、「上方漫才大賞を取っているので、安定して劇場の出番はもらえます」と言っても、銀行の審査員が上方漫才大賞を知らず、話にならなかったこともあったそうです。
さらには、芸人を辞めた後の人生プランも聞かれ、「岡山の田舎に帰って、畑で新種の野菜を作るって答えましたわ」と苦笑い。
このノブさんは、地道に銀行回りをしましたが、9 件目に落ちた後にはさすがにヘコんだそうです。後輩芸人と飲みに行き「ワシらゴミやぞ」と思わずグチも飛び出したそうです。そんなノブさんがようやく審査が決まったのが 15 件目です。

このように、駄目な銀行でどれだけお願いをしても無駄です。早く銀行を変えて、出来るだけ有利な貸付条件を出してくれる銀行を探すことです。そのためにも、一行では駄目で、少なくとも数行へ行くことです。必ずや貸付条件が異なることが分かります。


4)変動金利か固定金利のどちらが得か?
金利は安い方がよいことは誰もが同じです。これは当たり前のことです。
しかしながら、「変動金利が得か?もしくは固定金利が得か?」の正確な答えは無いのです。その理由は、誰にも先のことは分からないからです。
特に住宅ローンは 35 年返済等の長い期間での話です。
今後金利が上がらなければ借入時での金利が安い方が絶対に得なのですが、「金利が先でどうなるのか?」を分かる人はいないのです。
何故分からないのでしょうか?
答えは簡単です。将来の金利の変動は、将来の世界の情勢で変わるからです。この情勢は日本だけを見ても分かりません。今後、世界でどのようなことが興るのか?紛争や戦争等の、世界の金利変動に影響する突発的な事象等のことを考えたら、これが分かる人間など、どこにも存在しないのです。

…とすればどうしたらよいのでしょうか?答えはこうです。

まず、銀行商品コムで、変動金利と固定金利の、実際の金利を調べてみることです。 この文章を書いている 2016 年 1 月現在の金利が、変動金利の中で低金利の住宅ローンが 0.020%〜 0.489%位、固定金利の住宅ローンである「フラット 35」で 1.55%です。
金利差は約 1 %と結構大きいのです。

次に、銀行商品コムの『ローンシミュレーション』で、支払総額を比較してみます。
仮に、元金 3,000 万円、35年返済、元利均等払いの条件で借りた場合に、固定金利の 1.55%だと支払総額は 38,888,220 円となり、変動金利の 0.5%だとすると、支払総額は 32,707,500 円となります。(但し、この期間は金利が変わらないとした場合)
僅か約 1 %の違いですが、支払総額で何と 6,180,720 円もの国産高級車を買える大変な差額です。結果は変動金利が得となります。
これは、前述したよう変動金利が 35 年間変わらないとした場合の計算ですから当然です。

要は、将来の金利の変動は誰にも分からないのだから、とりあえず金利の安い変動金利で借りておき、金利が上昇気配になったときに、借入している銀行に金利を下げて貰う交渉をして、下げてもらえないとき等のやむを得ない場合には、銀行を変えての借換えを検討したらどうでしょうか?今は、インターネットで借入が出来る来店不要の低金利の住宅ローン等が数多く発売されていますし、この傾向は今後も続きます。
従って、金利の動向は常に気を付けておくことが重要です。

他方、短期間での借入である「教育ローン、マイカーローン、カードローン、ブライダルローン」等の借入は、変動金利か固定金利のどちらが得かではなく、金利の低い方がよいことは当たり前のことです。(金利変動が激しい特別な時期等を除きます)
電化製品等を購入する際には、価格だけではなく、品質等もよく吟味して買う必要がありますが、お金(銀行金利)の品質はどこでも同じです。
小さな金融機関である信用組合や信用金庫・JA・JF等でも、メガバンクでも、お金の値打ちは全く変わらないのです。つまり、(変動金利か固定金利かではなくて)、とりあえず金利の安い方で借りた方が良いと思われます。


5)銀行商品コムで金利調査をして借入先等を決めること
まず、銀行商品コムで金利を調べてから、変動金利か固定金利か、または返済期間はどうするか?更には、金融機関はどこにするか等々を決めることです。

全国の金融機関では、数えきれないほど様々な金利の安い住宅ローン等が発売されています。銀行商品コムは、我が国で唯一、これらの商品を網羅しており、皆様がお住まいの各都道府県や各地域ごとに、かつ、変動金利または固定金利ごとに、しかも返済期間ごとに、金利比較ができるようになっています。

更には、『ローンシミュレーション』で、支払総額の比較計算も簡単に出来るようになっています。
住宅ローン借換えシミュレーション』もありますので、借換えの場合にもご利用ください。

その他、銀行商品コムには、各種ローンについて金利比較ページがございます。
住宅ローン金利比較(新規)
住宅ローン金利比較(借換え)
教育ローン金利比較
マイカーローン金利比較
カードローン金利比較
ブライダルローン金利比較


以上、成功を祈ります。

→このページの一番上に戻る
→トップページに戻る

住宅ローンなど銀行ローンの金利比較・ローンの金利-比較:定期預金は金利を比較して選びましょう。定期預金の金利比較、住宅ローンなどの金利比較は銀行商品コム

☆特許出願済☆ ☆商標登録第5749591号☆ ☆商標登録第5201024号☆
著作権は銀行商品コムに帰属します (C) 2007〜 無断転載禁止